カジノホテルに滞在するなら知っておきたいこと

カジノ定番戦略マーチンゲール法をマスターしてベラジョン攻略!

それが初めての旅行でも、頻繁に海外旅行に行く人でも、泊まってみたい宿泊先リストにカジノホテルを加えることをお勧めします。カジノツーリズムが流行るにつれ、カジノホテルの予約の重要性が増しています。ギャンブルをする予定がなくてもカジノホテルは宿泊施設として最適なのです。カジノに滞在するとなれば考えたい、いくつかのことがあります。カジノホテルに滞在する際に知っておきたいことについてご紹介しましょう。

厳重なセキュリティ

ほとんどの旅行者が最も気にかけることと言えば、安全面です。カジノのセキュリティは非常に厳しいものであり、他のホテルと比較して最も厳重なセキュリティ対策が施されていることに驚かされるでしょう。多くのカジノではギャンブルライセンスを維持するためにセキュリティチェック付きの入場を取り入れており、カジノによっては警察が常駐しているところもあります。ホテル内で問題を起こす不審者は、すぐに施設から追い出されます。そうすることで、宿泊客は強盗や安全面での不安を感じることなく、安心して眠ることができるのです。また、礼儀正しい行動を心がけることも大切です。ホテルに滞在している間は、道理に反した行動をすべきではないでしょう。

チップについて

チップについては国によって異なります。オーストラリアのような国では予約時に請求された金額にすべてのサービス料が含まれているため、誰にもチップを支払う必要はありません。オーストラリアではチップの文化がないのです。アメリカの場合は話が異なり、ディーラー、バレーパーキング係、ハウスキーパー、カクテル係などにチップを渡す必要があります。彼らは最低賃金で働いており、チップによって生活が成り立っているのです。この場合、ドリンク1杯につき1ドル、レストランでは食事代の20%近くをチップとして渡すことをお勧めします。ホテルのバレーパーキングを利用する場合は、車を駐車してくれたお礼として2~5ドルのチップが一般的です。ベルマンやハウスキーパーには2ドル、特別なリクエストを依頼した場合は10ドルのチップを渡しましょう。テーブルに座ったら、ディーラーへのチップとして1時間あたり5ドルを渡すのが平均的です。

ギャンブルと飲酒の年齢制限

ギャンブルや飲酒の年齢制限も、チップと同様、国によって異なります。海外での法的トラブルを避けるためには、厳しいセキュリティのチェックに頼らずに、何歳からギャンブルや飲酒が可能なのか知っておくことが大切です。 一部の州の法定飲酒年齢は18歳です。また、アメリカのほとんどの州では、特にアルコールライセンスのあるカジノでは、法定飲酒年齢が21歳からとなっています。カナダの場合、19歳になるまでホテルに立ち入ることができません。オーストラリア、イギリス、ヨーロッパのほとんどの地域などでは、飲酒年齢は18歳です。

上記年齢に満たない場合、ホテルに宿泊することは許可されても、ゲームエリアや飲酒エリアへの立ち入りは禁止されています。

無料の客室

一部のホテルでは、カジノを利用する場合、客室を無料または割引料金で提供しています。カジノでプレイすることで割引した分を取り戻せるからです。ホテル側にとっての関心は、ゲストがカジノでお金を使うことなのです。そのため、ホテル宿泊による収入はあまり重要視していないのです。

About the Author

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

Related Posts

No Related Post

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x